2014年04月19日

ナイキがFuelBand事業から撤退

ナイキは同社のウェアラブルデバイスであるFuelBandの
製品開発を辞めるそうです。
それに伴い、担当する部署のスタッフのほとんどを解雇するという。

ナイキは2012年からFuelBandを発表し、ウェアラブル市場に
参入しましたが、現在ウェアラブル市場の競争が激化しており、
その為、ハードウェアの製造販売から撤退する決断を下したようです。

引き続きソフトウェア開発は行っていくことで、
本業のスポーツと連携などナイキの存在は依然大きいものと思います。

AppleのCEO ティム・クック氏は、過去にナイキの取締役を
9年務めていた経験もあり、以前より噂のある「iWatch」への
両社の強力関係が更に高まるかもしれませんね。


ラベル:ウェアラブル
posted by ike at 22:31| Comment(0) | ITニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。