2014年02月17日

Googleの豪雪エリアの道路マップ

Googleは2月17日、記録的な大雪により大きな被害が発生している
甲信地方の道路通行実績情報を「災害情報マップ」上で公開しています。

過去4時間に通行実績のあった道路が青色で表示されます。

この情報はホンダが、カーナビ利用者向けに提供する交通情報サービス
「インターナビ」のデータに基づいて作成されています。

周辺の状況を見ながら、通行が出来る道路の確認が出来て便利ですね。

但し、実際の道路状況は、緊急交通路など通行が規制されている
可能性もあるので、通行実績があっても必ず通行できることを
保証するものではないので、交通情報や警察からの情報などと
照らし合わせて確認する必要があるようです。

Googleクライシスレスポンス
posted by ike at 23:42| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

「あめおめ」で携帯各社が利用者にお願い

これも年末の風物詩となっていますが、
年越しから一斉に始まる「あけおめ」メール。
ガラケーからスマートフォンに以降して、使うツールがメールから
LINEやFacebookに代わっても、通信回線の負荷は、変わらないのが実情。
そこで携帯キャリアが、利用者にカウントダウン後の「あめおめ」を
控えるようお願いが出ています。

ドコモの発表によると、去年(2012年12月31日から2013年1月1日)は、
通話が通常の6.9倍、spモードメールが5.4倍、iモードメールが7倍に
増加した状況だったようです。

毎年、その時間帯の前から、各携帯キャリアで通信の制限をかけて、
回線がパンクしないように分散させてはいるものの、繋がりにくい
状況は出てしまうんですよね。

メールがダメならLINEでやろうという方もいますが、その場合は、
必ずWi-Fiを使うようにしないと結果は同じになってしまうので、
お気をつけください。

ラベル:携帯
posted by ike at 20:46| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

2013年アメリカではモバイルのトラフィック量が2倍に

ニューヨークタイムスの記事によると、2013年はスマートフォンと
LTEなどの普及でモバイルのトラフィックが2倍になったそうです。

デバイスやインフラの進歩により、ソーシャルメディアでの活用にも
変化が出ているようで、より大きな画像をアップロードする頻度も
増えているようですね。

同じことは、日本にも言えるわけですが、何処まで進んでいくんでしょうか。
ダイヤルアップで時間を気にしながらネットをして、今より小さなデータの
画像を時間をかけてダウンロードしていた時代があったことがウソのようですね^^;

そんな中、ソフトバンクがアメリカ4位の携帯キャリア「TモバイルUS」を買収する
噂が飛び交ったり、GoogleやFacebook、Amazonなど巨大IT企業がインターネットの
インフラ設備を買収し始めていたりと、今後のネットワークがどう変化していくのか
かなり気がかりですね。

通信料が安くなれば幸いですが、今後もまた大きな変革があるのかもしれません。
posted by ike at 17:50| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。