2014年01月03日

パナソニック、世界初となるパワードスーツの量産化へ

「パワードスーツ」というとSFの世界というのは、
今は昔の話となったようです。

パナソニックが、筋力を機械的にサポートして、
重い荷物を持ち上げる「パワードスーツ」を、
世界で初めて量産することになるようです。

量産と言っても価格が高いのでは?と思っていましたが、
1着なんと50万円を想定しているとのこと。

現在、試作機を使ってテスト等を行っているようですが、
試作機は大型のリチウムイオン電池を搭載し、モーターで
可動。
両手にアームを装着し、約100キロの重量物を持ち上げることができる。
また最大時速8キロで走行できるそうで、人が小走りする程度の
スピードで移動でき、10度ぐらいの勾配の坂も登れる。

量産時には、30キロ程度の重量物を持ち上げられる程度に、
スケールダウンするようですが、それでも実用化されたら、
災害救助や原子力発電所内などでの利用を見込んでいるそうなので、
かなり期待持てますよね。

計画では、平成27年には発売を予定しているとか。
年間1000体の生産を考えているようで、国内だけでなく、
海外の需要も見込んでいるようですね。

ここ最近になって、ロボット工学や、このようなパワードスーツの
研究や競技の話題が目立ってきているように感じます。

ロボットというとSONYのAIBOぐらいしかイメージできていませんでしたが、
すごい短期間で進歩しているんですね。

あとは開発、量産が進んで価格が、もっともっと抑えられたら、
ロボットも市民権を得るようになるのかな。

高いけど50万円と、決して手が届かない価格が、将来の可能性を
感じさせてくれますね。

実際に発売されたら、買う人多そうな気がするな。

でもその前に利用に際してのルール決めをしておかないと、
せっかくの先進技術も、道を閉ざすことになりかねないので、
注意が必要かもしれませんね。

パワードスーツ量産化 パナソニック、世界初
[参照元:msnニュース]
posted by ike at 23:14| Comment(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。